ガソリンの種類の違い【レギュラーとハイオクの違いについて】





0913

《スポンサーリンク》

ガソリンにはレギュラーとハイオク、ディーゼルの3種類があります。

それぞれの種類によって、当然値段も違ってきます。

しかしこの3種類にはどのような違いがあるのでしょうか。

そこで今回はガソリンの種類の違いについて紹介していきます!

ガソリンの種類について

ガソリンには、レギュラー、ハイオク、ディーゼル(軽油)の3種類があります。

車に搭載されているエンジンによって、どの種類のガソリンが必要なのか異なります。

普通車の場合は、レギュラーまたはハイオクになります。

国産車のほとんどはレギュラー仕様になります。

しかし、排気量が大きい車やハイパワーの車などの高級車はハイオク仕様である場合が多いようです。

ディーゼル(軽油)は主にトラックなどで使われる燃料ですが、近年はガソリン代の高騰からディーゼルをエネルギーとするディーゼル車も増えているようです。

それぞれの車には、搭載されているエンジンに合ったガソリンが必要になります。

そのためガソリンスタンドでガソリンを入れる際は、ご自身の車に指定されているガソリンを入れるようにしましょう。

《スポンサーリンク》

レギュラーの特徴

値段:ハイオクに比べ安い(リッターあたり約10円くらい差がある)

燃費:ハイオクに比べ悪い

車種:一般的な普通車

オクタン価:低い

※オクタン価とは、ガソリンの燃えにくさの度合いを表す値になります。

ハイオクの特徴

値段:ガソリンの中で一番高い

燃費:レギュラーに比べ良い

車種:スポーツカーやターボ車、高級車など

オクタン価:高い

※オクタン価が高いということは、そのガソリンが燃えにくいということです。

火がつきにくいけれど、ついた際はレギュラーよりも大きな力を出すことができます。

ディーゼル(軽油)の特徴

値段:レギュラーと比べ1リッターあたり15〜25円安い

燃費:エンジンの熱効率が高いため、燃費が良い(低燃費)

車種:トラック、クリーンディーゼル車

その他:CO2(二酸化炭素)の排出量が少ないため、地球に優しい

さいごに

それぞれの車には、搭載されているエンジンに最適な種類のガソリンがあります。

そのため指定された種類のガソリンを使うことが、エンジンにとっても良いということです。

異なる種類のガソリンを入れてしまうとパワーが落ちてしまったり、不具合が生じるケースもあります。

車をベストな状態で使うためにも、その車に合ったガソリンを使用していきましょう。

この記事がみなさんの疑問を解消できたのなら嬉しいです^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ